ご挨拶

諸外国の青壮年人材を技能実習生として日本に受け入れ、産業上の技能等を習得してもらう制度として「外国人技能実習制度」があります。
日本の実習実施機関(受入れ企業)にとっては、社内の活性化、経営の国際化等に役立てることができ、我が国の国際協力・国際貢献の重要な役割を担っています。

 こうした状況を背景に、受入れ企業の皆さまのご支援をさせていただくべく、
一般社団法人「あいおい人材交流協会」は、あいおいいニッセイ同和損保からの基金拠出を受け設立しました。

 当協会は海外の優良な送出し機関や国内の監理団体と提携し、広く顧客の皆さまに外国人技能実習制度のご利用についてご提案申し上げます。

あいおい人材交流協会理事長井上秀

実技研修の様子

実技研修の様子